Rookie'sFlashLaboratory
Homeへもどる
PHASE02 ボタン作成
FlashMaker3でのボタン作成も簡単でしたが、FreeMotion2でも、
とっても簡単にボタンを作成することができます。




1
まず始めに「挿入」メニューの「新しいシンボル」を選択します。

表示された「新しいシンボル」ダイアログボックスの、
シンボルタイプ「ボタン」を選択します。
この時、「シンボル名」も書き換えておくと良いと思われます。

「OK」ボタンをクリックします。

2
こういう画面に変わります。
「ボタン編集モード」と言うらしいです。

通常モードで言うところの、タイムラインウィンドウにボタンレイヤーが
表示されています。
ボクはつい勘違いしちゃったのですが、これは、タイムラインではないんですね。
時間の経過とか関係なし。
マウスまたはマウスカーソルを操作した時のボタンの状態を表しています。

Up:通常の状態
Over:マウスカーソルがボタンの上に来た時の状態
Down:ボタンを押している(マウスをクリックしている)時の状態
Hit:マウスに反応するボタンの領域(だそうです)
特別なことがないかぎり別段意識する必要はないようです。

画面右下の「ライブラリ」パネルにも、
ボタンが登録されているのを確認してください。


3
では各状態に画像をつけていきます。
ここでは画像を読み込んでいますが、直接描いちゃっても問題ありません。

「Up」をクリックします。

ツールの「読み込み」をクリックし、読み込みダイアログボックスから
任意の画像を選択します。

この時、ボタン画像の中心がX軸0.Y軸0に来ていることを確認してください。
要はボタン画像の中心がカンバスの中心に来るように配置します。
ここで軸あわせをしておかないと、作成したボタンをムービーに配置した時に、
どえらいことになりかねません(たぶん・・・)。

ルーラとグリッドを表示させることをお忘れなく。
「表示」メニューにあります。


4
「Over」をクリックします。
右クリックでメニューを表示し「空のキーフレーム挿入」を選択してください。
これをしないと何故か画像を配置できない(描けない)のです。

後は3と同様の手順で画像を選択します。

5
「Down」も4と同じ要領でボタン画像を配置します。

6
「Hit」は少々特殊です。

ここに画像を配置しない場合は、
「Up」と同じ画像が自動的に選択されるそうです。

「Hit」は「マウスに反応する領域」です。
例えば、今回の例のように、ボタンの画像には影がつけてあります。
ボタンを押した時(またはカーソルが上に来た時)にだけ
画像が変化して欲しいのに、影にマウスカーソルが触れた時に
画像が変化してしまう。
これは操作する側にとっては、著しく奇妙な感じをあたえかねませんね。
なので、ボタンの領域を指定してやります。
ここで描いたり読み込んだ画像は画面上では何も表示されないそうです。

適当にボタンの位置を指定してやります。
影を含めないボタンのサイズと同じサイズの四角を描いてやることで
反応領域を指定するわけです。

右の画像を参考にして四角を描いてください。

全ての作業が終わったら、タイムラインウィンドウの左上にある「シーン1」を
クリックして最初の編集画面に戻ります。


7
ボタンをムービーに配置します。
画面右下、「ライブラリ」パネルからボタンをドラッグアンドドロップします。

改めてボタンを編集したい時は、「ライブラリ」パネルのボタンを
ダブルクリックすればボタン編集モードに移行します。

ボタンの配置位置を調整して終了です。


 
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.