Rookie'sFlashLaboratory
Homeへもどる
PHASE00 はじめに
Freemotion2は大変多機能なフラッシュ作成ソフトだと思います。
インターフェースもAdobeFlashに似ていますし、ActionScript2.0にも対応しています。
AdobeFlashの簡易版と言ってもいいと思います。

反面、フラッシュ初心者は慣れるまでに少々時間がかかるようです。
しかし慣れてしまえば、かなり複雑で上級レベルのフラッシュを作成できるみたいです。
初心者から上級まで、幅広い層を対象にしたフラッシュ作成ソフトだと思います。



・ソフトについて

現在、Freemotion2のソフトは、通常版、アップグレード版、ダウンロード版
などが発売されています。
個人的には、ダウンロード版がお手ごろだと思います。
ちなみに、ダウンロード版には、AdobeReaderのマニュアルが付属しています
ので、安心。
ダウンロード版は こちらのサイト からどうぞ。



・ガイドブックについて

はじめてのFreeMotion2(ケイズプロダクション著)というのが発売されています。
このサイトでも基本的な操作は解説していくつもりではありますが、万全という
わけにはいきません。
だからガイドブックでも読んでちょうだい、とは言いたくないのですが・・・。
基本的な操作から、ちょっとしたコツ、応用までがわかりやすく書かれていて
けっこう役に立つガイドブックです。
2205円(税込み)とちょっとお高めな気もしますが、
一冊手元においておいても良いのではないでしょうか。




・Flash職人の道

現在、FreeMotion公式ホームページにおいて、 Flash職人の道 という
チュートリアルが公開されています。
基本的な操作から、ActionScriptの説明まで解説してくれていますので、
一度ごらんください。



・ActionScript2.0について

FreeMotion2はActionScript2.0に対応しています。
しかしながら、ボクはActionScriptに関してはド素人。
極力ActionScriptは使わない方向で行きたいと思っています。
でも、場合によってはやむをえず使用せざるをえない状況も出てくるかもしれません。
その時はそれなりの説明を加えていくつもりではありますが、なにせド素人の言うこと。
何かしらの間違いもないとは限りません。
その辺りをご了承の上、このサイトをご覧になっていただきたいと思います。




・既存フラッシュの解析

FreeMotion2には、既存のフラッシュファイルを読み込む機能があります。

これを利用すれば、他の人が作ったフラッシュを解析しておいしい所をいただく、
といった、ちょっぴりズルいこともできます。
また、例えばFreeMotion2で表現するには手間がかかるけど、FlashMaker3では
簡単にできることがあります。
そんな時も、まず、FlashMaker3で作ってから、FreeMotion2に移植することも
できますね。

・FreeMotion2でフラッシュファイル(SWFファイル)を読み込むには?
これはカンタン。
「読み込み」ボタンを押してファイルを選択するだけです。

・フラッシュのダウンロード
Web上から、他の人が作ったフラッシュをダウンロードするには「SWF Catcher」
というものを使います。

FreeMotion2をインストールするとInternetExplorerに勝手に組み込まれるらしいです。
FireFoxの場合はインストール時にAH-Softのホームページからダウンロードするかどうか
聞かれますので、その時ダウンロードします。

ボクの場合、FireFox版をダウンロードして使っているのですが、そのせいかどうかは
わかりませんが、IE版が組み込まれませんでした。
メニューの「ツール」−「ツールバー」−「カスタマイズ」にも入っていませんでした。
なんでだろ、よくわかりません・・・。
なので、しかたがありませんので、IEではWebダウンローダーというものを使ってます。

・フラッシュの解析
FreeMotion2でフラッシュを読み込んでみても、はっきり言って、ボクのようなド素人には
ナニがナンだかわかったものではありません。
タイムラインの「表示非表示ボタン」(目のボタン)を押して、いらないと思われるレイヤー
を消していき、必要と思われるものだけ表示させて、それのActionScriptを見たりしています。



Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.