Rookie'sFlashLaboratory
Homeへもどる
PHASE05 さし絵スタジオ
さし絵スタジオは簡単にオリジナル(みたいな)キャラを作れる便利ツールです。

これさえあれば、可愛いキャラだろうと、カッコいいキャラだろうと、キモいキャラだろうと、
何でも作り放題です(ちょっと大袈裟)。

つくったキャラをホームページに配置したり、フラッシュに使用すると、かなり表現の幅が広がると思います。
オススメのツールです。

基本的にライブラリ用意されてある素材から選ぶだけで、簡単にキャラクターが作れます。
個人個人の趣味にもよると思いますが、ボクの感想としては、けっこう良い素材がそろえられているように思いました。
まぁ、なかには、何に使うんだヨ、ってのもあるんですけど・・・。

ではとりあえず、ご参考までに、キャラクターの作成とポーズのつけ方のレビューをしようと思います。


1
まず、ファイルメニューから、「人物の合成」を選びます。

人物の合成専用のウィンドウが開かれます。
この時、ウィンドウを全画面にしておくと後の作業が何かと楽です。


2
胴体、頭、髪型の順番で素材を選んでいきます。
小道具なんてのもあります。
眼鏡や帽子やたばこをキャラクターに付けることができます。
ややこしくなるので、ここでは割愛させていただきますね。

注意しなくちゃならないのは、髪形を選んだ後に頭を変更すると
髪型がリセットされてしまうことです。
また、後で髪に色をつけますが、髪型の素材によっては
色の変更ができないものもあります。

頭素材には動物の顔とかもあり、発想しだいではコミカルなキャラを
作ることも可能です。
3
選んだら頭身の比率、身長、髪形の位置、
サイズ調整を行います。

頭の形と髪型の形によって、どうしてもぴったり合わない場合が
ありますが、あまり気にしない方がいいでしょう。
それよりも、ご自分の好きな髪型を選ぶのが一番だと思います。
どアップにしない限りわかりませんしね。

終わったら保存ボタンを押してファイルを保存します。


4
さし絵スタジオに戻って素材から好きなポーズを選びます。
左にある一覧からドラッグアンドドロップで
キャンバスに素材を持っていくだけです。


5
次に先ほど人物の合成で作ったファイルを
ドラッグアンドドロップで持っていきます。
ポーズで配置されているデフォルトのキャラの上で
ドロップするとキャラの画が変わります。
マウスカーソルが矢印ふたつが丸くなったようなカーソルに
変化しますのですぐわかります。

ついでに髪の色も変更しちゃいました。
右の画像を参考にしてください。

髪だけでなく、肌とか服とか色んな所の色が変更できます。

これでよければ、ここで終わってもOKです。
ファイルを保存しましょう。


6
ポーズの変更も自由にできます。
キャラの骨格を動かして変更します。

これは文章では説明しづらいですね。
でも、直感で操作できますし、すぐコツがつかめると思います。

面倒くさがらずに、始点をちょくちょく変えるのがコツだと思います。


慣れるとこんな太極拳のポーズ(のつもり)もちょちょいのちょいです。
コツをつかんでこういうポーズがつけられるようになるまで、
小一時間とかかりませんでした。

後はファイルメニューの「画像を保存」で終りです。

詳しくは、終作のホームページをご覧ください。



 
Copyright (C) 2008 森静四郎, All rights reserved.